無線 IoT

つながる無線 IoT

さまざまな周波数帯の無線 IoT 機器が近接する空間において、最適な接続環境でつながり通信干渉/ 障害なく機能するよう、無線信号をモニタします。

無線信号を広帯域リアルタイムに周波数スペクトラムをモニタリング

広帯域リアルタイムスペクトラムモニタ装置(DRF039A)

多くのロボットやセンサーを WiFi などで制御している生産工場の通信環境をリアルタイムでモニターできる小型で低消費電力な装置です。

特徴

  • 3 つのサンプリング周波数を高速に切替え、同時に 3 バンドのスペクトル帯域を取込み、内蔵 FPGA にて高速信号処理を行い、高速なリ フレッシュレートと高い周波数分解能を実現します。
  • 920MHz 帯アンテナと 2.4GHz 帯/5GHz 帯共用アンテナ、室内空間の無線スペクトルをリアルタイムに抽出します。
  • 抽出データは、USB ポート(USB3.0) にて出力し、高速表示ソフトウエアにより、GUI 表示とデータストレージを可能にします。
  • サイズは:280×195×45mm( 突起物を含まない)、重量 2.1kg と小型軽量です。

仕様

詳しい装置構成・仕様はお問合せください。